ながみ村の食糧生産について
 
※このページでいう「旧ながみ藩国」は、現在では合併して無名騎士藩国ながみ村となっている領土の事を指す。漫画、SSは、ながみ村がながみ藩国であった頃の記録である。
※このSSで言う藩王は、現在ながみ村村長である、元ながみ藩国藩王ながみゆきとの事を指す。



(画:ながみゆきと
 
 旧ながみ藩国(現無名騎士藩国ながみ村)は、以前の国の方針もあってか、農業を筆頭に第一次産業が盛んである。
 特に農業は、元藩王自身が積極的であったし、「働かざるもの喰うべからず」の教育方針もあってか、かなりのものである。
 ここでは、特に農業に焦点を当てたいと思う。
 
 まず、農地の獲得が第一の問題だった。森林資源は大量にあったのだが、如何せん平地が少なかった。
 ながみ元藩王の即位以前はいもが主生産だったのは、一重に対耕地効果が高かったが故に、であろう。
 閑話休題、故にまず始められたのは、農地改良である。



(画:ながみゆきと

 近代的な農地改良の他、一時は焼畑も思案されたが、それには難色を示す者が多かった。結局、伐採し農地を広げることになる。これが思わぬ副次効果を生み出すのだが、それは後程解説する。
 基本的に農業は、河川のそばに開かれた村々で主に行われている。
 他にも藩王御用地も準備されているのだが、手狭なのか、各村を回ることも少なくない。これには官庁勤めの人たちは頭を悩ませる一報、人手の足りない農村等では歓迎される向きもある。

/*/

 さておき、次いで行われたのは用水の整備である……が、これの心配は杞憂に終わる。木が水を蓄えるが故に、藩国を走る血管のような河川が、潤沢な水資源を運んでいるからだ。各村それぞれに用水路が敷かれており(公共事業)、山奥から湧き出るいい水を利用することができたのである。

 さて、順風満帆かに見えた農業改革だったが、一つだけ懸念があった。河川の氾濫である。雨季ともなればかなりの雨量が降り注ぎ、水害や病害等の被害が多発したのだ。
その対策として講じられた策は2つ。1つは潅漑設備の強化、もう1つが天水稲作である。
 前者は河川工事で川岸を補強したり、ため池を作るなどし、直接氾濫被害が及ばないようにするための措置だった。後者はまさに発想の転換となる。雨がすごいなら雨水で稲作すればいいじゃない、だ。
 暴論かー! と当初は呆れられたものだが、意外にうまく事は運び、しかも用水の届かない地域でも稲作が出来るようになったのだ。結果、総生産高はうなぎ登りに上がることになる。

 ……勿論、陸稲もいいんじゃね? という意見も散見されたが、ここはながみ元藩王譲らず、水田が主になったことを付記しておく。

 生産が終われば次は収穫、である。
 農地改良は進んだが農法は基本のままであり、一家総出で収穫に勤しむことになる。
 またこの頃は寮暮らしの学生も一時帰還を許され、働き手として一役買っている。
 収穫された稲は脱穀され、食事に供されたり、中央に出荷されるまで保存するのだが、ここでもまた問題が起きる。
 ネズミや虫、そして床上浸水の被害である。
 猫を飼うという手段も考えられたが、如何せん気紛れっ子である。抜本的な対策にはならなかったし、そも水に弱い。そこで、過去の入植者達の遺跡を鑑み、復古させたのが高床式の住居である。
 建材には農地開発のために伐採された木材を利用した。些か原始的と揶揄されがちではあるが、自然と共生するという観点からすれば、この上なく上等である、とも考えられる。

 さてこれは平時の話であり、戦時やその準備期間ともなると、更なる増産が必要になる。そんな場合は二毛作をすることになる。尤も、天水稲作では土地が痩せてしまうため、用水から取水している水田に限られる。生産高も上がるのだが、如何せん農家への負担も高く、やはり推奨はされていない。



(画:凪乃芽黒

 さて、収穫されたものの一部(御用地のものはすべて)は、中央の藩都に集積される。
 巨大な倉庫街で、活況期や戦争準備期ともなれば、各地からの入荷や配送などで、トラックが所狭しとはしりまわっている。
こちらは各村とは違い温度管理等も完璧であり、害虫・害獣対策もなされているのでご安心願いたい。
 工業区の一角は農産物の集積地になっており、加工などもここで行われるのだ。また、居住区との接面一帯は市場となっており、早朝からおっさん達の威勢のいい声が響き渡っている。

/*/

 勿論稲作だけではない。農業改革の一つに土壌、肥料の改良もあり、その余波で良い野菜も採れる。その代表がイモである。煮て良し焼いて良し潰しても良しの万能選手で、いまだにご老人世代ではこちらを主食にする人が多い。



(画:灯村
 
 キャッサバやタロイモ等が生産されており、主食の座を降りた今でも、主菜として食卓を賑わせてくれる。気候を利用したココナッツやパパイヤ等も生産量が多い。これらは食卓に上るのはもとより、観光客向けの商品としても大人気である。
 ほかにも、気候的に難しい野菜類を栽培しよう、という機運も生まれている。
ただ、これはビニルハウスを利用したり工場で温度を管理して栽培するため、邪道だと忌避する向きもある。
 実際、まだその方法で栽培された野菜類は高価で、輸入品の方が安価なのが現実である。
 
 いずれにせよ、旧ながみ国では農業が盛んであったことは特筆すべきである。
 これは、ながみ元藩王の働きはもとより、元々の住人達の気概がそちらに向いているが故、だと言える。現在は急な国家発展により備蓄高はそう多くは無いが、いずれは各国への輸出も国家戦略に含まれている。
 
 31107002 農業白書より要約抜粋
 
(文:ダーム&坂凪)