【愛出井温泉概要】
愛出井温泉(あいでぃーおんせん)は、無名騎士藩国(東京)にある温泉で毎ターン大勢の宿泊客が訪れる大観光地である。泉質は単純温泉で、鉱物分・ガス分の含有量が少ないので刺激が少なく肌にやさしい。(≪参考1:温泉分析表≫)無色透明で無味無臭なので、匂いに敏感な猫(犬も)も比較的入りやすいと評判である。温泉の効能は神経痛や筋肉痛・関節痛、外傷、疲労回復などに効き目があり、I=Dパイロットとして出撃することの多いこの藩国では傷病兵の湯治や戦闘後の慰労に活用されて「無名騎士の湯」とも呼ばれている。

よくこの温泉を訪れる藩国民に話を聞くと、
「1ターンに1、2回は必ず温泉に行っています。戦闘に出撃した後の疲れを取ったり、事務仕事で溜まったストレスをほぐしたり。世界の危機百連発なアイドレスで生きる私たちには、こういう開放感がなにより必要だと思います。藩国の都心からも割と近いし、最高の温泉ですよ。」

とのこと。この温泉地のおかげで無名騎士藩国は毎ターン20億程度の収入を得られるが、国内外から訪れる大勢の観光客がもたらす経済効果はより広い範囲に波及していると思われる。
最終検査日 41118002
イラスト:朝子 文:キギ


L:大観光地 = {
 t:名称 = 大観光地(施設)
 t:要点 = 大観光地,たくさんの人出
 t:周辺環境 = おみやげ物屋,ガイド
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *大観光地の施設カテゴリ = 国家施設として扱う。
  *大観光地の位置づけ = 生産施設として扱う。
  *大観光地の特殊 = 毎ターン生産フェイズに資金が+20億される。
 }
 t:→次のアイドレス = ちょっとHな水着大会(イベント),観光客若宮康光(ACE),観光客善行忠孝?(ACE),水着ふみこ(ACE),リゾートホテル(施設),海の家(施設)