Create  Edit  Diff  Мебельный магазин OXYBOXY.ru - мебельные гарнитуры со скидкой 20% "Ирис", "Сорбонна", "Спарта". Следите за нами...  Index  Search  Changes  History  PageRank  RSS  Source  Note  Login

宰相府藩国:燃料生産地

燃料生産地〜積み重なった成果〜


    安定した燃料供給源の確保。


 それは帝国にとっても共和国にとっても急務であった。
 日を追うごとに激しさを増す戦闘。それに比例して増える燃料消費。
 皇帝から大量の支援があったとはいえ今の状況を思えばコレで長く戦えるわけもない。
 あくまでその場しのぎなのであった。


 そこで、宰相府藩国は自国の大型燃料生産地の開発を宣言。同時に多額の報酬を用意して開発計画の為の人員を募集した。


 この呼びかけに多くの有志が反応した。
 各国の窮状を憂う者、報酬に目のくらんだ者、あるいは面白そうだからで参加する者・・・。
 犬猫問わず集まった大量の人員によって宰相府藩国は空前のゴールドラッシュ、もといオイルラッシュで人が溢れかえることとなった。
 この結果、大量の人員によって宰相府藩国は思わぬ経済効果を得ることとなったのだがそれはまた別の話。


 とにもかくにもかの国に集まった彼らは思い思いの方法で本件に取り掛かり始めた。
 あるものは陸に油田を求め、あるものは海を目指し、そしてまたあるものは精錬所の改良を模索し、更にまたあるものは情報の統制を始めた。
 この各自の思い思いの動きが結果として大当たりすることとなる。


 大した打ち合わせも無いままに始まったにもかかわらず、集められただけの烏合の衆の筈が組織的平行作業を起こしはじめた。役割を分担し、情報交換をかわし、ついには複数の油田発見とそこに立つ新型の精錬施設と言う一つの成果を見る。
 この予想外の出来事により宰相府藩国の産油量は他国を追い越し、テラ屈指の産油国となるのであった。


 いくつもの小さな力を重ねた大きな結果。かくして宰相府の燃料開発計画は意外な形での成功を見ることとなったのだった。

Last modified:2008/06/30 23:42:28
Keyword(s):
References: